2017年11月23日

R.ターガートマーフィー 『動かぬ日本への処方箋』

yuka

【PR】まったく無添加の酵素88選は素晴らしい!

このサイトに来ていただき感謝します。

今多くの話題を集めている酵素ドリンクですが、何故ここまで酵素が注目を集めているかと言えば、まずはダイエットですね!

この酵素は、食べたものを分解してくれる働きがあるからです。

しかし、この酵素は、人間の体内では生成されません。

ですから、それを補う必要があるのです。

何から?

生の野菜や果物、そして刺身などですね。

aqua


生の野菜や果物、そして刺身には酵素が含まれていますから、こういうものを摂ることがダイエットには大事なのです。

しかし、こういったものに熱を加えると48℃で酵素は死んでしまいます。

ですから生のものが大事なのです。

加熱したものは分解されないで脂肪になりますから、摂りすぎないことが大事なのです 。

私の知っているかたで、会社の食堂では必ず刺身の丼物かお寿司を食べている人がいます。

GRP_0011


太りたくないからですね。

もう1つの注目されている理由は、やはり野菜や果物に含まれる酵素の量の減少ですね。 

人口が多くなるにつれ、やはり大きな農場で大量に野菜や果物を育てなくてはいけません。

ですが、そうなると農作物につく害虫が多くなります。

すると、どうしても農薬を大量にかけなくてはいけません。

すると、どうしてもミネラルや酵素の量が少なくなってしまいます。

ですから、充分な酵素を摂るためには野菜や果物を摂るだけではいけないのです。

ですから、昨今はこういったものを補う意味で、サプリメントが流行っているのです。

昔は、薬局でしか買えなかった栄養補給ドリンクも、今は国が許可を出して、コンビニでも出せるようになりました。

ですから、ダイエットにも健康にもサプリメントは現代人には不可欠なのです。

豊かな時代ではありますが、逆説です。

ここで紹介するのは、88種類の野菜、野草、果実、海藻、キノコと、31種類の菌を配合した、 【酵素88選】 の紹介です。

この酵素88選は、添加物や甘味料、保存料、着色料、香料などを一切使用していないのです。

こういったものは、免疫力低下、消化不良などを起こします。

ですからこういったものがはいった食品は摂らない方がいいのは当たり前ですね?

この酵素88選の愛用者さんたちの中で、 通じの改善、肌荒れの改善、体調の全体的な改善、ストレスの改善などが多数報告されています!

通常価格16200円を、定期購入ならば8800円になります!

定期購入されますと、バナジウム天然水の通常価格よりも4分の1の価格で購入できます。

そして、スローヴィレッジの商品を格安で購入できます。


【酵素88選】のサイトはコチラ!




R.ターガートマーフィーは私が敬愛するカレル.ヴァン.ウォルフレンの推奨する著作人であるからして、これまでこのブログでカレル.ヴァン.ウォルフレンの著作を多く紹介してきた私は注目しないわけにはいかなかったですね。

wolfren.jpg
カレル.ヴァン.ウォルフレン

読むなり、このR.ターガートマーフィー氏の奥深さ、博学さを目の当たりにすることになるでしょう。

この本が発刊された90年代中ごろには、多くの国が日本製品を買うためにアメリカにモノを売って、その利益で日本製品を買っていたという経済的な構図であったのです。

要するに、アメリカという国の存在が不可欠であったのです。


大量のモノを買ってくれるアメリカという国があったからこそ、他の国々は存続が可能であったし、アメリカの覇権が可能であったということですね。

アメリカは、生産する以上のモノを消費し、その状態を続けるために借金しているのです。

こういう国内の状態であるからこそ、アメリカが覇権国家になっているのも可能だったのですね。

americanz.JPG

それを日本がお金を貸してくれるから可能であったのです。

これは非常に目の覚めることでした。

アメリカが当時も今も、財政と貿易で多くの赤字を垂れ流し続けていることによって、多くの学者から批判の言葉がありますが、その赤字ゆえに他の国の存続が可能であるといううことがわかり、だれもが驚くでしょう。

しかし、いつまでもアメリカが赤字を垂れ流していいわけはないのです。

いつか快方に向かわせ、解消される必要があるのは明白です。

そして覇権の移譲もされる必要があるのも明白です。

それを担うのはどの国なのでしょうか?

ターガートマーフィー氏は、この本で国家の3段階を示しています。

それを見るのはこの本を読んでいただくとしまして、3段階目として以下の国家の段階をあげているのです。

開発の離陸段階にある国、つまり高度に自動化された工場、道路、橋、建物など社会基盤が発達していて、人が高齢化し、引退に向かっている人々を多数抱えている国。

富の蓄積がさほど多くない国が、運転に必要な貿易黒字を蓄積できるよう貿易赤字を出す必要のある国が=日本である、というのです。

之にも目の覚める思いがしました。

これが、日本の国際的な役割構造であるというのです。

それは、このターガートマーフィー氏の言葉以前に、大学で国際政治学で学んで覚えていました。

ただ良い製品を作って海外に売って、貿易黒字を出し続けるだけではいけないというのですね。

この書物の中で、日本が経済構造を改革して、アジアの成長を支えるのに、必要な貿易赤字を背負わない限りアジアの高成長は崩壊する」とまで書いています。

これまでのやり方を踏襲するだけで、どのようなことが社会にとっていいことかを研究し、良きものに変えていくことが日本の官僚には不得手であるということを、繰り返しウォルフレン氏の本を読んで、私も納得していましたし、そのことだけでなく、日本国民もそういう日々の姿勢を持たなくてはならない、ということをいろんな本を読んで考えに入れていました。


そういう変わらぬ日本への処方箋として、どういう事が書いてあるのかを興味津々で読みましたが、日本国内の経済政策だけでなく、国際社会における処方箋まで書いてあるので、驚きでした。

しかし、2010年の阪神淡路大震災後に、日本の海外依存の割合は大きくなり、それで連日日本の貿易赤字であるというニュースを聞いたり見たりして、多くの人は落胆したのではないでしょうか?

かくいう私もそうでした。

いかに、赤字を出すことが国際社会への貢献としても、そういう意識を転換するのはそうそう簡単ではないのは明白ですし、いつまでも赤字続きでは、人の生活意識も危機に満ちたものになるでしょう。

どのくらいにまで赤字を許容すれば、日本の人々が安心して暮らせるのか、という厳密な研究も必要でしょう。

その国際社会における役割構造だけでなく、やはり早期に快方へ向かわせなくてはならないのは、日本の国の借金でしょう。

国債の金利を故意に低く設定し、その国籍を金融機関に強制的に買わせることで存続しているのが現在の状態なのです。

daitokai.jpg

これでは、快方に向かわせることができないのは明白です。

そのために、「直接税金を上げるのは最悪なのである。」とターガートマーフィー氏は書いてありますが、そのとおりでしょう。

増税後は必ず景気が落ち込むのは、これまでの歴史を観れば明白だからです。

増税で赤字が消えるわけではないし、他の経済政策が伴わない限り、増税は赤字のジレンマを悪化させるだけである、といいますが至言ですね。

更に「なぜなら、日本の退職者の年金を賄うべきは税金ではなく今日投資してカネが生み出す明日の収益だからである」とまで言っています。

私たちが出している年金はすぐさま、投資信託につぎ込まれているのです。

投資信託ではいろんな銘柄の株に投資され、それぞれの銘柄は違う値動きをしますが、それで総合的に見れば必ずプラスの方向へ行きます。

その際には、何とか許容範囲内であれば、国民を年金基金で賄うことはできます。

それでが、何十年かに一回は暴落をするのは明白です。

その際には、増税で賄うのは当然の帰結なのです。

このブログで堺屋太一氏『高齢化大好機』という本を紹介した年に比べ、年金の受給を断っている人が増えているのは明白です。

しかし、生活保護の受給を要求してくる人も増えているのも事実なのです。


こういう事実を見れば、自分が未来のために行動していくことの重要性がわかるのではないでしょうか?

日本政府の行き方だけを見守るだけでなく、こういう書物をたくさん読んで、自分がこれからどういう人生を、世のため人のためにしていくかを考え実行していくかを考える契機にしてほしいというのも私の願いなのですね。

これまでウォルフレン氏だけでなく、ロバート.キヨサキ氏の本をたくさんこのブログでも紹介してきましたが、そういう考えを持ち行動していくことの重要性も書いてきました。

GRP_0088.JPG
ロバート.キヨサキ

キヨサキ氏はアメリカ人ですが、アメリカの政府に未来を託すことは一切しないで、年金に頼らず死ぬまで自分で生活していけるような仕組みをすでに構築してしまったようです。

ですから、キヨサキ氏は現在年金には加入もしていないし、これまで払ってもこなかったようです。

これはすごい!とすぐさま私は思いましたが、(笑)こういう人は非常に稀ですができないことはないでしょう。

日本の国民も、年金に頼らずに、引退後も政府に頼らずに暮らしていけるようなキャッシュフローの仕組みを作れ、ということを『あなたにお金持ちになってほしい』という本およびいろんな本で警句を発しているのです。

話がそれてしまいましたが、ターガートマーフィー氏が、財政の赤字を快方に向かわせるために必要なのは、大規模な移民の受け入れだということです。

この本が書かれた90年代の中盤には、外国人を見かけることは稀でしたが、今は当然のように外国人をそこかしこで見ることができます。

amricaislam.JPG

これが、このターガートマーフィー氏および多くの学者や知識人からの要請からなのか、あるいは、少子高齢化の進展によって仕方なくなのかはわかりかねますが、とにかく、日本はそういう方向へ進まなくてはならなかったのでしょうか。

移民を受け入れることで、日本の経済状態がどういう推移をしてきたかを、書いた本があったら是非とも読んでみたいですね。

しかし90年代中盤には、単一民族国家日本などといわれていましたが、今は多民族国家日本とまで言っていいような様相を呈していますね。

日本の国際社会の役割構造の一環として、

右矢印1日本企業が自分で海外に工場を建てる方法
右矢印1工場を建設する外国企業に融資する


の2つを提示しています。

また、景気回復のために金利等をどうすべきなのかを書いてあります。

しかし、問題は日本だけでなくアメリカにもあるのは明白です。

wallgai.jpg

いつまでも財政や傍系の赤字の存続が可能であるかというとそんなことは絶対になく、いつかは快方に向かわせて、解消にも向かわせなくてはならないことは明白です。

貿易赤字を日本が受け入れるにしろ、どのレベルにまで、赤字が許容されるのかの、レベルの厳正な設定もしていかなくてはならないでしょう。

その研究をしていかなくてはならないのは言うまでもないでしょう。

しかし、ターガートマーフィー氏の論は、日本国内だけでなく、国際社会を視野に入れたマクロな視点で分かりやすく論を展開しているのはさすがといわざるを得ないですね。

こういった本を読んで、今の日本の経済政策が上手くいかないのは高度成長が終焉してしまったからというのがおおきな比重を占めることは疑いえないでしょう。

それを増税という当座しのぎでもうまくいかないのは当然でしょう。

将来の引退後を年金に頼るのは非常に危険でしょう。

そのことがわかり、年金は一切収めず、貯金している自営業者がいますが、それでもだめでしょう(笑)

働いた分だけではいつかは底をついてしまうからです。

やはり働かなくても自分の口座にお金が入ってくるキャッシュフローの仕組みを作ることが一番賢明な気がします。

政府に依存しないで、世のため人のためという共和主義の精神を持つことが一番大事ではないかと思われてならないのですね。

キャッシュフローの仕組みを作り、年金いらないといって受給を拒否している人が多く出ていることはいいことと思います。

自営業をしてきて、これまで一切年金を納めずに、引退後に貯金が底をつき、生活保護をもらい、その生活保護全額を老人ホームにつぎ込み、老人ホームでのうのうと暮らして知り合いがいますが、そんな人は論外ですし、そういう人とはお付き合いしたくないというのが正直ですし、私は絶対にそういう人にはなりたくないです(笑)

他の人たちは資本主義の論理で生きているのに、自分だけは社会主義の論理で生きている…(笑)



先にも書きましたが、日本の国際社会の役割構造の一環として、

右矢印1日本企業が自分で海外に工場を建てる方法
右矢印1工場を建設する外国企業に融資する

の2つを提示しています。

これを読んで、「これは必要だ!」と痛感した人や企業は、政府がしてくれるを待つのではなく、みずからしていくべきではないでしょうか?

そういう共和主義の精神を持つ重要性を多くの人が認識してほしいものです。


政府は全知全能の機構ではありませんからね。

この本を読んでそんなことを考えてしまいました。

●この本は以下よりどうぞ!



動かぬ日本への処方箋

soukashakuc.JPG

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓


















【PR】 【すっきり小粒】でダイエットと美肌の両方をめざしましょう!

このサイトに来ていただき感謝します。

便秘は、ダイエットに悪いですね。 

kbire

ポッコリお腹の原因になりますから。

そして、便秘は、お肌に悪いですね。

hadareya


非常に美容の敵です。

しかし、かといって下剤のようにお腹のものを出しただけではいけません。

そのように出すだけの下剤のようなものは、胃の粘膜を痛めます。 

その下剤の役目を果たすので有名なのは、 「マグネシウム」ですね。

ですから、そのような成分の一切入ってないものを選ぶ必要があります。

この【すっきり小粒】は、余分な脂や老廃物を取り込み、スルッと出してくれるのです。

化学的なモノは一切使用しない天然成分でできていますから、自然な力で出すことをサポートしていきます。

また、美肌効果がある成分を含有していますので、便秘と美肌、この両方をめざしたいかたにはうってつけのサプリメントです!


楽天売れ筋ランキングで11か月連続で1位を獲得しています!

⇒ 【すっきり小粒】の公式サイトはコチラ!


posted by ロックさん at 15:18| Comment(0) | 日本経済論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする