2020年10月31日

清水幾太郎 『本はどう読むか』

yuka

日本が誇る社会学者としてこのひとは読んでおいてもいい、いや読んでおかなくてはならないとすら思えるほどの業績を出したのがこの清水幾太郎氏でしょう。

やはり科学を学ぶに際して、いろんな本を読んでいかなくては、本物の学者にはなりえません。

その本を読むに際して、どのようなスタンスを選別していくかという指針が得れるでしょう。

清水氏は、「つまらない本は読むな」ということを書かれています。

自分がいくら読んでもつまらないと思う本を無理やり読んでも精神衛生上良くない、ということですね。

私もそういう本に遭遇していますが、やはり同じことが言えますね。

どのような本がつまらないか、どれだけ読んで中止するかといったことは場数を踏んでいるとわかるのですが、私は引用ばかりで自分の脳内で物事を考えていないとか、独自の分析内容を持ってない著者のものは20ページ30ページ読んでわかりますのでそういう本はすぐに読み辞めです。

しかし、そのように書いたところで、それをうのみにするのではなく、まずそのような本に遭遇してみるのが良いでしょう。

それで自分のスタンスを決めるのがいいでしょう。

つまらない本でも読み進めても人生を変えるような部分に接するかもしれないのですから。

でも私はそういう経験はないですが…。

steaudie.jpg


つまらない本とは逆に、おもしろい本はこころの歯車と噛み合い、一種のドラマが生まれてくるのです。

ここを人生に活かしたい、このような人生を構築したい、この書いた著者のような人生を送りたいといった感情が湧くのですね。

このような感情が往々にして湧くのであるならば、その本はそのひとにとっておもしろい本でしょう。

それをいつまでも提携して、何度も読むのがいいでしょう。

それだけで飽き足らないなら、ノートワードに書いて、そこを読む返すのもいいでしょう。

この本では、娯楽書教養書を区別しています。

娯楽書は生活から逃避するための本としていますが、教養書は自分を高めるための本であるとしています。

その教養書との接し方を主に書いているのです。

その教養書から得た知識を役立てるためには知識を保安する必要があるのは言うまでもないです。

本を読んでそれで終わり、こんなスタンスでは読んだ内容はすぐに消え失せるでしょう。

清水氏は、書物の大意を書き留めていくのだそうです。


pysy.jpg


そして、それを何冊何十冊もしていったら、その大意の部分部分を取り出して関係あるもの同士で綴じ合わすのだそうです。

色んな本を本を読んで、そこに書かれていたことを本尊のように崇めるのではなく、テーマを中心に知識を蓄積していくということですね。

問題点を中心にいろんな媒体から知識を得る、という私が敬愛する加藤秀俊氏と一緒ですね。

いろいろ本を読んでいくと、知らないことに出くわし、知識を得たいという欲求から、カードを用意して、記入していくことをしていた清水氏ですが、それではに書いてあった内容が心に残らない、思考の連続性が成り立たないと言って辞めてしまったようです。

そうではなく、本に傍線を書く、そこに自分の意見を書くということのほうがいいといっているのです。

それを読み終えた後に、整理するなり、他の紙に書く、あるいは今ならばパソコンに書くのでもいいでしょう。


ゆえに人からは本は借りるな、とも書いています。

読み終えた後に、重要な点を書写するというのはいいことと思います。

読んだ感想くらい覚えているだろうと思いがちでしたが、棚から昔読んだ本を取り出して、これはどんな事が書かれていたか、というようことを思い出そうにも思い出せないのですね。

ましてや他の本との結び合わせの箇所など全く覚えていないのです。

ゆえに読みながら、あるいは読んだらすぐにそのような作業をするのがいいでしょう。

でないと、また読み直しをすることになり、時間の無駄になってしまいますからね。

gendaishousetu.jpg


また新刊書の書評や広告などについてどのようにしていくか。

買いたい本はいつ買うべきか。

また読んだ本はいつ手放すべきか。

洋書の読み方など内容は多岐に渡ります。


人生を心豊かにしていくために本を利用していきたいと考えている人は必須の指導書でしょう。

高めるための本を読み、そして実践しているから自分を褒めるべきであるというのも間違いではないでしょう。

しかし、学校を卒業して以来、全く本を読んでない、それでも非常に人のいい人、人格の高い人というのはいます。

そういったひとから大いに学ぶことがありますので、自分が本を読んでいるからといって本を読まない人を低く見るのは間違いである、という結論に達しています。

でもそんな自分を卑下することなく、本を大量に読み自分を高めているという自負は当然あります。

その自負を持って、そういったひとからも主体的に学んでいこうと思います。

●この本は以下よりどうぞ!
  ↓



a9895c28.jpg

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓













posted by ロックさん at 11:11| Comment(0) | メディア論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする