2017年06月16日

川勝平太編 『海から見た歴史』

yuka

【PR】 潤い、保湿、洗浄をこの『エテルノベーシックスキンケア』で!

このサイトに来ていただき感謝します。

肌は女性なら誰しも気になりますね?


 朝はシンプルにさっさとすませたい。

 肌トラブルが気になりだした。

肌に優しいモノを使いたい。

 リーズナブルなものを永続的に使いたい。


kirehd


 こんな悩みをもったかたに紹介したいのがこの 【エテルノベーシックスキンケア】 になります!


美容液洗顔料
オールインワンジェル
クレンジング


 の3点セットになります。

 いずれも、無添加、無香料で34種類の植物性成分配合ですから肌にいいことは間違いありません!

 bihada


2か月に1回の定期コースを申込みなら、 初回は半額の5284円(定価10568円)、2回目以降は全て25%オフの7900円になります!

潤い、保湿、洗浄の3つを叶えてくれるセットです。

 使用者の97%が、「また使いたい」と答えた驚異のセットです。

 でも、いきなり「3つを定期で申し込め」なんていうのは困惑しますよね?(苦笑)

そういう方のために、単品購入単品定期購入の方法も用意してありますからどうぞご安心を!

興味持ったかたはどうぞこれをおススメです!


 【エテルノベーシックスキンケア】の公式サイトはコチラ!



これにて失礼いたします。




フェルナン.ブローデル「地中海」に関する著作は、歴史学会に大きな波紋を寄せた大作であったことは間違いないようです。

大部分の人が注目している間に、違う視点で物事を見てきて、その視点からユニークな視点を提示して、それが多くの人に説得力を持たせ、愉しませることができると、非常に注目されるのは歴史学以外のどの学問でも同様ですね。


switsland.JPG

ブローデルの視点は、視点を陸地から海洋へと変えたところが有意義であるようです。


そこで提示されているのは海洋史観というものですが、その海洋史観は、海外から押し寄せる外圧を社会変容の主因とみる歴史観のことですね。


ブローデルの『地中海』の舞台は主に16世紀ですが、地中海はその時代のギリシア.ローマと近代の西ヨーロッパとを直線で結ぶための歴史舞台であるとしているのです。

それまでは海を領土として支配しない時代であったのが、15〜16世紀になると、西ヨーロッパの火薬革命によって海域支配がはじまるのです。

鉄砲、大砲、要塞、戦艦など海に運べる予見可能な状況を作ることが、交易の発展に重要になったということですね。

ヨーロッパでは、海と川をつたって穀物、木材を運んだのです。

それによって広域的なまとまりをもった1つの経済圏である「経済=世界」という概念ができたのだといいます。

その「経済=世界」という概念はブローデル独自の概念ですね。


francais.JPG

こういった新しい視点によって多くの歴史家や歴史研究家を覚醒し、この本には16C日本の歴史状況との類似性が描かれていたり、海洋国家である日本の海との関係を洗い出して新たな歴史観が説明されていたり、ヨーロッパはもちろん他のあらゆる国や地域の交易においていかに海の歴史において変化があったかを書かれていたりと、興味の深くなる議論が多々書かれています。

その内容を読むと非常に目が覚めて、また興味が深くなる思いがします。

その内容に興味の出た方はこの本を読むことをお勧めしますね。

ここまで議論を進めさてしまったのはひとえにブローデルのカリスマ性によるのは言うまでもないでしょう。


ここまでそうさせてしまうブローデルのカリスマ性には脱帽しないわけにいきません。

歴史学に限らずどんな学問でも同じですが、やはりその書いた人の集めた情報がどんなに頑張っても、全部をくまなく網羅することは人間であるからにはできない話で、やはりどんな精巧な学者の書いた本でも批判が出てしまうものです。

しかし、このブローデルの出した海から見る視点は、無視できない存在になり今も多くの歴史家にとって無視できない視点になったのは間違いようです。

歴史を論じるにあたり、重要な視点になり、大きな影響を及ぼすようになることは間違いないでしょう。

この本に出ている論者さんの中には、「これから日本の〇〇の時期を、海洋史観から研究していく」と書いているかたもいるくらいですし、それについての本が出たらぜひとも読んでみたいと思います。

また、歴史を海という視点によって論じるならば、私は気候の歴史もあってしかるべしと思います。

経済大国と呼ばれる国は、概して温暖湿潤気候という地域の国がほとんどですし、逆にいつまでも経済大国になれない国は、熱帯だったり、寒冷すぎる国である場合がほとんどです。

minpaku.JPG

やはり気候が人が働くものに適していないと経済発展は難しいです。

私が大学時代に勉強したカナダのケベックは、カナダの中で唯一フランス語を話す州で、ゆえにカナダから独立しようという動きがありましたが、雪に閉ざされる時期が多く、ゆえに財政的に苦しくなり、中央政府の支援がないと州を運営できないので独立は難しいということを知りました。

こういうように、気候が人間の活動に及ぼす影響は大きいので、やはり無視できない対象でしょう。

そういった研究を果たした書があれば、これも是非とも読みたいなと思います。

何はともあれ、ブローデルの著作はユニークな視点でかつ説得的なので、その意義について論じ、いろんな派生した議論まで書かれているこの本は、ブローデルについて興味のわいた人にはぜひとも読んでほしい本です。


●この本は以下よりどうぞ!



海から見た歴史―ブローデル『地中海』を読む



そのたブローデルの著作についての紹介ページ
『歴史入門』
http://hair-up3times.seesaa.net/article/417968451.html?1497586090

sagasitoite.GIF

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓

















【PR】  【二十年ホイップ】でくすみを完全にoff!

このサイトに来ていただき感謝します。



今回は、肌のくすみを取る


【二十年ほいっぷ】


を紹介します。



お顔にくすみがあると、どうしても印象は良くありませんよね。




暗い印象になってしまい、良い印象を残すことはできません。



あるよりもない方が、良い印象になります。

toumeihada




しかし「くすみ」の原因は、



皮脂膜

角質層




の2つからなります。



どちらかが原因で、どちらかであると特定することはできないようで、くすみがある人は、この両方が原因になっているのです。



しかし、くすみを失くそうと思えば、両方をケアしなくてはいけませんが、両方をケアすることはこれまでの技術では、原理的に無理でした。


hadareya



しかし、この【二十年ほいっぷ】は、原理的にそれを可能にしたのでした。



その詳細については、以下に書いてあります。

  ↓

【二十年ほいっぷ】






この【二十年ほいっぷ】は極小気泡にしてあるために、キメの細かいところにまで入り込んで、汚れを取りぬきます。



この極小気泡というのが重要なのです。



市販のモノは、気泡が大きすぎて、肌のキメの細かいところまで入り込まない。



ゆえに、汚れをきれいに取り除くことができないで終わってしまうのです。




悪いものだと、肌にのっかっているだけのものも…(苦笑)



またそれだけでなく、肌に潤いを与える

「北海道のホエイ」

というこのブランド特有の成分も含まれているのです。



この製品は、 「モンドセレクション金賞」を今年も含め3回受賞しています。



しかも、専門家が選ぶくすみ用アイテムc純になりました!




(以下、お客様の声)



「化粧水もグングン浸透する感じがするし、10年前の肌に戻ったみたいです!」



「ブツブツしていた肌も、つるっとして、白く透明感のある肌に!



「自分の素顔がこんなにきれいだったなんてビックリしました。」





【二十年ほいっぷ】の公式サイトはコチラ!



いかがでしたか?

今回はこれにて失礼いたします。

posted by ロックさん at 14:20| Comment(0) | 歴史学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: