2021年04月29日

ロバート.キヨサキ 『金持ち父さんの金持ちになるガイドブック』

ロバート.キヨサキの本を読むと毎回、自分も金持ちになれるんだ、という期待が胸に膨らんでついつい読み進めてしまうのですね。

この本もそうでした。

ロバート氏は、毎回E(従業員)S(自営業者)/ B(ビジネスオーナー)I(投資家)の図を使って、BIで生きていくことを提示しているのです。

決して、それだからだめということではなく、またSやEがだめということでもなく、そういう自身のモラルである、ということを書いているのですね。

それはBやIのほうが自由に使える時間とお金が増えるし、税金も安く済むということですね。

そういったものを利用して、自分にお金を有利に働かせる方法も書いているのです。


それはこの本および、他の本をたくさん読んで勉強するほかないです。

こういう教育は、やはり学校では教えてくれるものではない事はわかりますね。

ゆえに、BIになりたい人は、こういった本を常に読み続けて、そしてそうなるための行動を習慣づけないことには叶わないことですね。

世間一般では、こういう習慣付けをしている人はまずいないですし、サラリーマンとして行動していくことが常識になっているのですから、1人自分だけが違うことをしていると後ろめたい気持ちになってしまう人で、BIになりたい人はやはり要注意ですね。

そして、資産は自分の労働だけに頼っている生き方も、やはりロバート氏のモラルに合わないのですね。

資産とは、自分の口座にお金を運んでくれるもののことですが、労働だけではなく株、債権、不動産、印税というものに投資をして、それらによって資産を形成することを誇りとしているのです。

fedGRP_0084.GIF


こういうことも世間一般では非常識ですが、そういう生活や人生に憧れている人は、やはりロバート氏の本などを読みつづけて、思考と行動を律しない事にはかなわない話ですね。

本だけでなく、その手のメルマガを読み、またセミナーを受けることですね。


こういう一連の行動で共通するのは、多面的なものの見方、思考の仕方でしょう。

興味深いと思ったのは、「金持ちになりたかったら銀行家であると同時にギャンブラーでなければならない」という金持ち父さんの言葉が出てきます。

それはいろんな分野でも、そういった多面性が必要でしょう。

いい経営者になりたかったら、消費者がどのようなことをされたら喜ぶか、あるいはどのようなことをされたら嫌がるかということを経験を通して知り、それを行動する、あるいは経営方針の中に盛り込む、ということが必要でしょう。

やはり、本当に金持ちになりたかったら、こういった本を1冊読むだけでなく、いろんな本を読み続けて行動に移す必要があるのと同じですね。

「金持ちになりたかったら銀行家であると同時にギャンブラーでなければならない」という言葉は、多面性の必要性もさることながら、安全でリスクのまったくない投資にお金を入れておきたいという人が多すぎることの危険性を説いてもいるのです。

これではお金持ちになることはできない、ということですね。

では失敗したらどうするか、という反論には,間違いを犯して、それを毎度修正していくことの重要性をこの本も同様他の本でも説いているのです。

GRP_0092.GIF
  ロバート.キヨサキ



自分のほしい何百万円あるいは何千万円という高級車があったら、普通の人ならばどのように手に入れるか?

やはり一括で払えないのならば、ローンを組むしかないでしょう。

しかしロバート氏はそういうことはしないようです。

ロバート氏はまず買付の頭金だけを払い、資産になる不動産を探しに行くようです。

そして探し当てたら、そこから入ってくるお金(=入居者の払うお金)をその返済に当てるようにする、ということです。

この方法で、ロバート氏は高級車を入手するようです。

これだけを読むと、いとも簡単にできそうな感じを与えますが、やはり簡単ではないのです(笑)。

自分の口座にお金を振り込んでくれる物件は100個につき1個ということです。

このようにいろんな物件を無数に観ていくことで、そういう鑑識眼が身につくのは言うまでもないことです。

そういう行動を身に着けていく習慣化が必須ですね。

ロバート氏のような真の金持ちは、行動のみか、心の部分でも金持ちのマインドを持っているな、ということを感じます。

この本でも、「大きな金額が入ってきたら自分の従業員にも大きなボーナスを与えたい気になる」ということを書いているのですが、こういう精神ではなく、大きな金額が入ってきたらほとんど自分で使ってしまう人は真の金持ちにはなれないことはこれまでの研究調査がで判明していますし、自分より不動産投資で稼いでいる人が自分の元を訪れた時に、素晴らしいと感服し、その人の住所と電話番号を聞き、話を聞きに行き、友人にもなった当エピソードを紹介していますが、こういった謙虚さや常に学び続ける精神もまた真の金持ちになるには必須のことですね。

そういった精神が形成されていないことにはやはり金持ちにはなれないのでしょうし、よしんばなれたとしてもすぐに貧乏人になることは間違いないでしょう。

そういった多面性が金持ちになるには大事ですね。

それは日々、この本だけでなくいろんな本やメルマガを読み続け、セミナーを受けて心の矯正も重要なことであることは間違いないでしょう。

そんなことを考えさせてくれる本であるということを確認しておきたいです。

●この本は以下よりどうぞ!
  ↓



yasGRP_0013.JPG

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓















汗牛充棟.com ホーム
posted by ロックさん at 18:25| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする