2017年06月01日

川端基夫 『アジア市場のコンテキスト(東アジア編)』

yuka

【PR】『すっきり炭べえ』ですっきりお腹と美容を!
このサイトに来ていただき感謝します。

これまた便秘改善、すっきり用のサプリのご紹介です!

その名は、 【すっきり炭べえ】です。

すっきりしないとやはり美容に良くないですよね?

ポッコリお腹になってしまいますし、便秘はお肌に悪いことは女性ならご存知のことです。

hadareya


 しかし、便秘を改善するにはどうすればいいかといいますと、腸内の善玉菌を増やすことですね。

 その代表的なのが乳酸菌です。

 しかし、その乳酸菌を含むヨーグルトでも、腸に届くまでに胃液などでほとんどが死滅してしまうのです。

yogurt


では、どうすればいいかといいますと、腸に届くまでに死滅しない乳酸菌を摂る必要があるのです。

 その驚異の力をもったのがラクリスR-Sです。

 これは、通常の乳酸菌と違い活きたまま腸にまで届きます!

 それが、この【すっきり炭べえ】には入っています。

またナノ型乳酸菌も含んでいます。

 これは、通常の乳酸菌よりも分子を小さくしていますので、体のすみずみにまで届きます。

 また、100種類の食物から作った酵素も入っていますので、ダイエットにもいいことは間違いないです!

 以下お客様の声です。


 「毎日のリズムが整ってきたので満足です!

「今まで試してきた中で、一番効果を実感できています。

「使用してから1週間で効果が出始めて、今は朝からスッキリです。美容のトラブルに見舞われることもなくなりました。



使用者中96%がスリムを実感しています!


【すっきり炭べえ】はこちら!

http://www.kenkoucorp.com/goods/tanbee/










経済はどのように発展するか、どのような資質を備えた国が発展するかということを大学時代に本をいっぱい読んで勉強してきた私は、やはりこういう題の本には非常に興味がわき、また深く読んでしまいました。

経済が順調に発展するのは非常に困難なことであり、高度工業化や産業化を達成できたのは、ヨーロッパ北西部プロテスタンティズム文化圏諸国や北アメリカ、日本、NIESという地球上のごく一部の国々だけであり、低開発国の離陸がいかに難しく困難な道のりであるかがよくわかりました。

minpaku.JPG

しかしその定説に抗うように、今はアジアの国々の発展が著しいです。

第二次大戦後の日本のように、急ピッチでの発展が可能かどうかは、世界的な情勢等を考慮に入れながら監察していかなくてはいけませんが、それでもそれなりにうまくいっているようには見えます。


この本の著者である川端基夫さんは、私たちの身近な経済発展のヒントになるモノを挙げつつ、自分の目で見てきた内容を、つぶさにわかりやすく詳説してくれていますので、この本を読んで、非常にハッピーな時間が過ごせたと思います。


この本では、韓国、台湾、中国での日系企業の進出による経済発展の例を挙げていますが、やはり日本での経営のやり方が、そのまま現地では通用しない、ということが様々な例を挙げながら説明されています。

やはり、その現地の国民性や文化、商習慣にあったものに適応させなくてはいけない、ということがわかり、これから日本にとって非常に大事になるマーケットの勉強というだけでなく、国際社会での協調という意味でも、大学教授や海外進出する日系企業に勤める人だけでなく、一般国民も読んでおいたほうがとてもいい読み物であると思いました。


korea.jpg

韓国では老舗というものが存在しないということを知り興味深くなりました。

それは代継ぎをさせるという文化がないからだといいます。

また韓国の不動産市場では、日本とは逆で貸主が有利で、賃貸期間が来たらすぐに追い出されるということです。

台湾では、商業への蔑視が通念化しているがために、命や生活をかけるということがあまりないようです。

ゆえに、外食チェーンでは、従業員の転職や引き抜きが横行しているようです。


こういうことをするパターンは日本でもありますが、横行するほどではないですね。

また、卸問屋が台湾ではほとんど存在しないがために、日系企業が進出してもほとんど利益にはならなかったようです。

こういう現地での進出での失敗は、現地の研究不足が起因して利潤を上げる仕組みの構築ができていなかったがゆえなのです。


そういった経験理論を得たうえで、やはり現地への進出をしていなくてはならないようですね。

そういった経験理論を生かしたうえでの日系企業の成功例がたくさん挙げられています。


こういう日本とは異なった文化を知ったということだけでなく、共通点も当然ながら存在します。

早朝から深夜の通勤者が多いために、コンビニが大いに流行っているということです。

またテレビショッピングも同様に。

そして、クレジットカードローンの破産者も経済発展のスピードと比例して増えているということです。

これは、韓国のみならず中国でも同様のようです
(苦笑)

これも今の日本と同様ですね。

その他、進出して黒字になった日系企業の例や、それらの企業の成功要因を文化、歴史的に分析した例や日本にはない現地のコンビニのサービスの例や、生活圏が5キロ変わるだけで、全然商業圏になる中国の例や、消費水準の上がっている都市の例などが多く挙げられていて非常に興味深くなりました。

diasupora.jpg

これからいろんなアジアの国に旅行や現地へのフィールドワークなどをしていくこともあるでしょう。

そういった人やアジアへの興味関心のある人は、こういった経済発展の例を読んでおくだけで、更に面白くなることは間違いないでしょう。

あらかじめ知識を多少なりとも入れておくだけで、楽しい気分になりことは間違いありません。

そのために絶好の本としてこの本を紹介したいです。

●この本は以下よりどうぞ!
  ↓


アジア市場のコンテキスト【東アジア編】-受容のしくみと地域暗黙知-

おススメのネット本スーパー 『honto』です!

書籍や電子書籍を買うごとに、100円につき1ポイントが貯まります!

そのポイントは、また書籍や電子書籍を買うときに使えます。

更に会員になると、毎月10%あるいは20%の割引きのクーポンが送られます。

電子書籍なら30%offの場合も!

こんなサービスのいい本屋さんのサイトは知りません!
  ↓


















【PR】

「汚れ取り、ハリや潤い、美白」の効果の『どろあわわ4点セット』はいかが?
このサイトに来ていただき感謝します。


「どろあわわ」は、毛穴につまった汚れを吸着して取り、潤いをもたせる洗顔料として有名ですが、その洗顔を、 表面の汚れも取り、さらにハリや潤いをもたせ、美白の仕上げにする のが、この


【どろあわわ4点セット】


になります!


 従来の「どろあわわ」に、


「ジェルクレンジング」

「和漢ミネラル化粧水」

「薬用美白つや肌とろり液」




の3つを付けて、この値段 初回購入料金980円です。

定価12540円がこの値段です。

 (ただし、2回目以降は全て10032円になります。最低4回購入がお約束になります。)

肌荒れやカサカサ肌の原因になる鉱物油は一切使用せず、美白や潤いや汚れ落としの有効成分しか入っていませんから安心して使っていただけます!

sittori



 【どろあわわ4点セット】はコチラです!
  ↓ 
【ネット付】どろ豆乳石鹸 どろあわわ 110g


 
posted by ロックさん at 10:42| Comment(0) | 地域研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする